プリント方法

プリント方法の特徴

溶剤インクジェットプリント

白いシートにカラープリントをして形に切り取ったものを熱圧着する方法で、プリントはインクジェット方式ですので写真やグラデーション等も綺麗に再現できます。シートを貼り付けるのでデザインによってはシルクプリントに比べてゴワゴワ感が出てしまいます。

 

  • 嬉しい点写真もいけるカラープリント、1枚ずつ違うサイズ・内容もOK。製版不要。
  • 悲しい点:シートを貼った部分は通気性がなくなる。大きなプリントではゴワゴワ感を感じやすい。

デジタル転写プリント

専用転写紙にトナーでプリントし、必要な部分にのみ糊加工をして生地に熱圧着させる方法です。
溶剤インクジェットでは困難な細かい部分のくり抜きが可能です。一枚一枚転写紙を出力するので大ロットにはコスト面で不利ですが、カラーで小ロットを作成するのには最適な方法です。当店ではプリント面の柔らかさを保つ加工も可能です。

  • 嬉しい点溶剤インクジェットの嬉しい点に加えて、複雑な形でもOK。ストレッチタイプもあり。
  • 悲しい点:糊・白インク・カラーインクの3層となるので、大きなプリントではゴワゴワ感を感じやすい。

ダイレクトインクジェット

専用のインクジェットプリンターで生地に直接プリントする方法です。基本は綿の生地に使用しています。
グラデーションや写真のプリントは得意ですが濃い色の生地にプリントする場合、白インクで下地を作成する必要があります。白インクのコストが高額なので、淡い色の生地もしくは白インクを使う場合は小ロットの作成に向いています。

 

  • 嬉しい点写真もいけるカラープリント、シルクプリントに近い仕上がり風合い。1枚ずつ違うサイズ・内容もOK。製版不要。
  • 悲しい点:プリエステル素材は不可。白インクを使うと高くなる。

 

ラバープリント/切り文字

色の付いたラバーシートを切り抜いて熱圧着します。背番号やネーム、Tシャツのサイズ別にプリントサイズも変えるなど1枚ずつが異なったプリントの場合や、発色の良い仕上がりを優先する場合に有効な方法です。インクでは綺麗に出にくい金・銀や反射などもございます。

  • 嬉しい点豊富なシートカラー。1枚ずつ違うサイズ・内容もOK。製版不要。
  • 悲しい点:色付きのシートを切り抜くので、細すぎるデザインは不可。

昇華転写プリント

 専用転写紙に出力した昇華インクを白色(場合によっては薄い色でも可)のポリエステル生地に熱転写する方法です。インクが生地に染み込むので肌触り・通気性はとても良い仕上がりになります。写真などの繊細な画像も綺麗にプリントできますが、白インクが無いので素材の色の影響を受けてしまいます。

※当店では、大きな生地にプリントをし縫製仕上げすることも可能です。この場合、最低ロット20枚となります。データ費用とお時間がかかりますので詳しくはお問い合わせください。

  • 嬉しい点写真もいけるカラープリント、インクを感じない仕上がり風合い。1枚ずつ違うサイズ・内容もOK。製版不要。
  • 悲しい点:白色ポリエステル素材のみに可能な印刷方式。高温でプレスするので、生地にプレス跡が残る。

シルクスクリーンプリント

マスキングをしたシルクスクリーンでインクを生地に直接のせるプリント方法です。1色ごとに製版が必要な印刷方法なので製版コストを考えるとで小ロットには不向きですが、単色で30枚以上の場合などはコスト面でも有利になります。グラデーションや写真の表現には不向きです。また、少数の追加の場合は高くなってしまいます。

  • 嬉しい点:柔らかい仕上がり、大量生産向き。
  • 悲しい点:色ごとに製版代が必要、全てが同じサイズでのプリント、少量追加などは高額になる。

※これらのプリント方法を組み合わせることも可能です。例えばお揃いのイラストはシルクで、名入れはトナーでなど。お客様のご要望に合わせたプリント方法をご提案いたします。


作業風景


溶剤インクジェットプリント

プリント後、輪郭に合わせてカットします。


デジタル転写プリント

熱転写後に丁寧に転写紙を剥がします。この後、インクを生地に馴染ませる作業をします。


ダイレクトインクジェットプリント

カラープリントを綺麗にするため、下地のホワイトをプリントしたところ。


ラバープリント

熱圧着後、表面のシートを剥がして完成です。


昇華転写プリント

熱転写後に転写紙を剥がしているシーン。インクが染み込んでいるのでこれで完成です。


シルクプリント

多色刷りシルク印刷機。